上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 まずは、今日の出来事とレシピ。



 本日、娘の学芸会。

 2年生は終わりから3番目。

 早く行かないと良い席は取れません。

 頑張って席取りしました。

 昨日、鍼灸院にて施術してもらった効果抜群。

 おしまいまでしっかりと撮影その他できました。



 昨日、夕方、娘と約束した(らしい)です。

 今日、「はま寿司」に行くと。

 うん。酔っていて覚えていません。

 でも、約束したのならと行きました。

 珍しく娘が大量に食べます。

 金のお皿ばかり。

 「いくら」ばっかり。



 こりゃたまらんと家でも食べさせるべく鮭生筋子を購入、イクラを漬けることに。

 例年、釣ってきたものを使いますが、ここ数年は腰痛のため釣りも儘ならず。

 近所のスーパーで購入しました。

 ここからレシピコーナー。

 狩ってきた買ってきたものは鮭生筋子。
 鮭生筋子-01

 うん。未加工の筋子でも結構な値段がします。

 コレをこれから調理いたします。
 鮭生筋子-02

 パックから出すと、既に袋が裂けています。

 本来なら、血管(黒い線)に沿って引き剥き、腹を割るのですが、今回は破けているところから開くことに。
 鮭生筋子-03

 この時のポイントは、「手で優しく広げる」ことです。

 そうしないと卵が潰れてしまいます。

 この広げたものから卵を外すのにスプーンを使います。
 鮭生筋子-04

 卵と卵の間に慎重に差し入れ削ぎ取ります。

 約5分後。
 鮭生筋子-05

 全て取り終わりました。左の固まりがイクラを包んでいた筋子の皮の部分です。

 この後、塩水(海水相当の濃度)で優しく3~5回程度洗います。
 鮭生筋子-06

 今回は4回洗浄しました。

 これは、簡易的な血抜きも兼ねているので一番最初は真っ赤になります。

 ここからザルにあげて、概ね水分が切れたら漬け込みに入ります。

 ウチのレシピはイクラ100gに対して

 ①醤油 大さじ2
 ②味醂 大さじ1
 ③お酒 大さじ1
 ④昆布(ミルミキサーなどで粉砕した粉状のもの。) 小さじ1

 これで漬け込みます。

 で、瓶詰めして置いておくのですが、思った以上に量が足りず…(||-д-)

 なめ茸の空き瓶に入れてこんな感じです。
 鮭生筋子-07

 しっかり浸かるように、ラップで落とし蓋的な事をしています。



 買ってきたものも美味しいですが、自作は自分好みにできるのでお貯めしくださいませ。



 次の記事はアクアです。


 では、また? 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://xxnomyxx.blog.fc2.com/tb.php/114-d95dbcc7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。