上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日、河野談話の見直し作業結果が公表されました。

 案の定、大陸、半島から抗議声明が出されました。

 以下は私の個人的な考えですので、続きを読む方はご注意を。


 私はこの国に生まれてこの国に育ちました。

 もちろん、過去の過ちは認めてしかるべきです。

 そして、同様の過ちを犯さないように努力すべきでしょう。

 しかし、半世紀以上前のことをいつまでも持ち出して来るのはいかがなものでしょうか。

 そもそも、私は大陸の住人を全く信用していません。

 そして、半島の住人にも嫌悪感を抱いています。

 それらは私の個人的な解釈から来るものです。

 もちろん、個人レベルで接すると良い方々もいます。

 しかし、「国」としての方向性が私にそのような考えを持たせています。


 大陸に関してちょっとだけつづると、1972年の田中角栄総理の大陸訪問に遡ります。

 大陸首長との間で締結した共同声明の中、第5条で以下のように記されています。

 「○○政府は、○日両国人民の友好のために日本国に対する戦争賠償の請求を放棄することを宣言する」

 そんなことを宣言しておいて、先日商船三井の賠償問題に関して有罪判決が下りました。

 大陸側は、戦争賠償とは関係ない。通常の商業事案だ。と言っていますが、

 当時、軍のために使われ、沈められたものが戦争に関係してないなんてありえません。

 ある都市での事件もそうです。当時のその都市の人口よりもはるかに多い人数が死亡したと言います。

 私が小学生のころ、校長先生が従軍経験者で、そこに居合わせた本人とのことでした。

 校長先生曰く、「敵兵が民間人の中に逃げ込み、民間人の間から射撃してきた。」

 「こちらも黙っていては殺されてしまうので、応戦した。」と。

 大陸側は一方的な虐殺だったと主張していますが、私の耳にした話とは大きく違っています。

 さらには、1978年から続くODAとして、現在まで4兆円弱を受け取っておきながら、日本は何もしていないと言います。

 それを使用して、反日教育を充実させ、領土拡張の主張をする始末。

 こんな国のどこを信用しなさいと言うのでしょう。



 まぁ、ここまで愚痴を綴りましたがそれぞれ立ち位置が違えば見え方も違うでしょう。

 私は私でこの国に立って、いろんな方面の情報に気を配り、分析して自分なりの答えを出しています。

 みなさんもひとつの情報にとらわれず、様々な情報を整理して、自分なりの答えを出してみてください。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://xxnomyxx.blog.fc2.com/tb.php/14-2aac4017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。