FC2ブログ
 私の出張期間も残りあとわずか。

 早くおうちに帰って娘をハグしたい。

 その日を楽しみに日々の仕事の糧にしています。



 我が家の金魚達には特段変化なく、コップも元気な様子。

 白メダカが2匹ほど召された様子。なぜ白だけなんだろう。不思議。



 私の出張中、うちの人がほぼ毎日、家の様子をメールしてくれています。感謝。



 さて、本題。ここからは個人的な考えですので、見る人はご注意を。



 先日の「ヤジ」問題が連日大きく取り上げられていますね。

 日ごろ、時間が合えば国会中継など見るようにしています。

 まぁ、私が見て思ったところで政治の世界に対して何もできることがないわけですが。

 以前から思っていたこと。



 批判合戦?みたいなことが多すぎる。なぜ?



 相手の言を否定するだけならまだ良いでしょう。

 国政に限らず、地方においても、政治家さんたちは私達に選ばれた代表です。

 人間です。失敗することもあるでしょう。

 ちょっとした失敗を捉えて、大きく膨らませ、とことん攻撃する。

 失敗した人の反省、原因究明、次回への反映(教訓)は必ず必要です。

 しかしながら、必要以上に攻めるのはどうでしょうか。

 私はそんな人達の方が、それを大きく宣伝するマスメディアの方が、品がないと思います。

 同じ日本人、叱責の後でも、理解し、融和できないものでしょうか。



 予算委員会の質疑で予算に関係ないことを質問する。なぜ?



 それぞれの委員会にはそれぞれの目的があるわけで、それに関連した質問をすべきではないでしょうか。

 カメラが入るから、ラッキーと思って、言いたいことを言うのですか。

 それならば、多くの議員を立てて、細分化した委員会を作る意味がないのではないでしょうか。

 ディベートの意味を履き違えているような気がします。



 願わくば、日本の政治家さん達がもっと高い品位を持って、為政に臨まれますように。



 P.S.

 白泉社 花とゆめCOMICS 作者:津田雅美 「彼氏彼女の事情 9巻」で描かれている、「鋼の雪」を読んでみてください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://xxnomyxx.blog.fc2.com/tb.php/15-d49713e6